2006年02月05日

『オリバー・ツイスト』を見た

といっても、実は2月1日の料金が安くなる日に、だけど^_^;。
しかも、最初は『有頂天ホテル』見ようと思っていったら、
上映時間に間に合わず、次の回まで待つのもだるいし、
せっかく何か見ようと思っていたので・・・
一番上映時間が近いのがこれだった(^^ゞ。

いえ、別に興味がないとかではないんです。
ロマン・ポランスキー監督の『戦場のピアニスト』は感動したし、
大好きな国イギリス、しかもかわいい子役。揃ってますよね。
ただ、今あんまし重い気分になりたくなくて、ちょっと避けてました。

で、感想書こう、書こう、と思っていたのだけど、
なかなか書けない。
なぜ?

ほとばしるほどの感想がなかった、というのが本当のところかな。

もちろん、見て損するような駄作ではありません。
ただ、「良かったよ〜、見てみて」と言うほどの作品でもないような・・・。
上質な文学をダイジェストで見たような、佳作って感じでしょうか。

時代設定・舞台・衣装・家の中。すべて好みです。
でも、それ以上のものがないんだなぁ・・・。
ポランスキー監督は、結局最後のシーンが描きたくて、
そこまで丁寧に積み重ねていったんだろうけど、
うがった見方をすれば、結局「善良さと顔のよさ」だけで、
オリバーはいったい何をしてきたのだろう?
それだけで運を掴んで、それでいいの?という疑問が残った。
特に、「善良さ」だけではあの子は救われない、
顔がかわいいから救われたんだ。人間やっぱり「顔」だ。
という思いが、どうしても思い浮かんでしまう。
そんなひねた自分がいやになるけど、
そこんとこ納得させてくれるパワーはなかった気がするな。

今待ち遠しいのは『ナルニア国物語』。
どうか期待を裏切らない作品でありますように。

posted by ありこ at 23:50| ウィーン | Comment(2) | TrackBack(1) | 映画・読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

ナルニア国物語

ずいぶん前から、映画化が話題になっているけど、
MYブームは、ず〜っと以前から。

「以前」というより^_^;、小学校高学年か中学生の時、初めて読んだ。
ものすごく感激して、ハマった。

当時、文化的指数の高い友達の家に、全巻そろっていて、
それを一冊ずつ借りて読んだのが最初。
「この子はずっとこんな本読んできたんだ」と思うと、
嫉妬とも羨望とも言えるような感情を覚えたものだ。
なにしろ、我が家はマンガの本しか無いような家だったので(ーー;)。

それから、何度読み返しただろう。
読むたびに、気が付くことがあって、いつも子供の頃の気持ちを思い出させてくれる。

「アスラン」がキリスト教の体現?みたいなものだというのは、
大学生の頃のクラスメイトから聞いたんだっけ。
そこで初めて、ファンタジーだけでなく、「宗教」が中にあるのを感じた。
もちろん、キリスト教ではない私には、よくはわからないけど、
ほのかに汲み取れるものがそこかしこにちりばめられているのはわかる。

「ハリーポッター」なんかより(いえ、もちろん、これも大好きです)
ず〜〜っと前からあるのに、なんか私の周りではマイナー扱いだったこの作品、
映画化できっとブレイクするに違いない。

ちなみに、シリーズはどれから読んでも時系列というほどじゃないので
最初と最後を抑えておけば違和感ないけど、
一番好きなのは「朝びらき丸、東の海へ」だ。
なんか、この最後のイメージって「指輪物語」にも通じてる気がする。

ぜひ甥姪に読ませたくて、去年の春だったか、7巻セットをプレゼントした。
読んでくれてるのかしら^_^;。

posted by ありこ at 13:11| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

〜小さな恋のメロディ〜 「フレッツひかりプレミアム」

早めに風邪対策をしたせいか、なんとなく回復(^^♪。
やっぱり、「エキナセア」って効くのかな?

でも、今日は一日おうちでのんびりすごすことにしようっと。

本当はレンタルビデオ屋にでも行って、何か映画を借りて来たいんだけど、
外出は控えないとね〜。

で、あれこれ探していたら、懐かしい映画の配信を見つけました!
しかも、無料!!
実は、これ書きながら、画面分割して見ています(笑)。
★続きはこちら〜(ぜひ読んでね!)
posted by ありこ at 12:05| ウィーン 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

おいら岬

さっきまで、BSで「新・喜びも悲しみも幾年月」という映画を家族と見ていた。
「新」と付くくらいだから「旧」もあったわけで、年寄りは懐かしそうな話をしている。

「で、“おいら岬”ってどこにあるの??」と、私が聞いたとたん大爆笑。
おいらってオイラだったのね(-_-;)。
生まれてこの方○十年(というか、この映画の主題歌を始めて聞いて以来)、私はず〜っと地名だとばかり思ってました・・・orz。

そういえば、私ってこんな勘違いが多い。

「ふるさと」だっけ?
“うさぎ おいし かの山〜” ってのは。
この「おいし」はず〜っと「美味しい」だと思っていた。
だって、次はフナ釣るんだよ?食べ物だと思うじゃない?
だから、昔の人は山でうさぎ取って食べてたんだな〜って、ずっと思ってたわけよ(違)。
追っかけるの「追いし」だなんて、変な日本語思いつかないじゃない。

あとは、「赤とんぼ」
“夕焼〜け小焼け〜の 赤とんぼ 。おわれ〜て見たのは〜” っていうフレーズ、
「おわれて=追われて」だと思ってました。
赤とんぼがイナゴのごとく大群で襲ってくるって感じ^_^;。
だって、昆虫って群れてるイメージなんだもん。
でも、これって「負われて」なのよね??

あ〜、こんなだから、なかなか就職決まんないのかな。


posted by ありこ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。